28歳ぐらいから薄毛&ハゲてきた,若ハゲ進行,6年後の現在は

28歳ぐらいから薄毛&ハゲてきた,最初はそんなに気にならず

私がハゲが気になりだしたのが、
大体28歳ぐらいの頃でした。

現在34歳ですので、
今から6年前のことですね。

そして6年後、私の頭は、

つむじハゲ、雨に濡れて目立つ

ハゲ上がってきてしまいました。涙)

28歳の頃、最初は、シャワーを浴びた後の排水溝に溜まる髪や、タオルで頭を拭いた後の抜け毛の量がどこか多くなってきたかな・・・?
ぐらいなもので、

ハゲが気になりだしたとは言え、
そこまでハゲに対して、
深刻には悩んでおりませんでした。

「季節の影響かな?」
「ストレスかな?」

その程度でした。

そもそも自分が20代にして若ハゲになるなんて、

どこかで心配はしつつも、
現実的には全く考えていませんでした。

もしかしたら現実として受け止めようとしていなかったのかもしれません。

※現在はAGA治療を行い、髪の毛も無事生えてきました。治療内容など詳しくは以下にまとめました。

現在てっぺんハゲ治療中!本当に髪が生えてきました

AGA治療開始前と3ヵ月後 てっぺんハゲ

>>体験中のAGA薄毛ハゲ治療について詳しくはこちら!

 

30歳を過ぎたあたりから生え際の後退が顕著に。

ところが、
30歳を過ぎたあたりから、
前髪の生え際の後退具合が顕著になってきました。

たぶん私と同じくハゲていらっしゃる方なら、
わかると思うのですが、

以前髪がフサフサ生えていたラインに、
1,2本だけ髪の毛が残っているのですよね。

こんな感じで・・・。

前髪の生え際が後退してきた:ハゲてきた

これは現在の写真ですが、
こんな感じで昔のフサフサだったラインに、
髪の毛が残されているんです。

これを見て、
「これは…ハゲてきたのかも。」
とちょっと心配になってきました。

でも前髪の生え際なので、そこまで情けなくも見えないし、
髪型一つで隠せたりするので、
そんなには深刻に考えていませんでした。

また、
「髪の毛がなんとなく柔らかくなってきた…。」
これも感じておりました。

元々クセっ毛だったので、これもそこまで深刻には考えていませんでしたけど、今思えばそれもハゲの兆候だったのですね…。

この頃の対策として、ネットでコメント欄を吟味しながら、育毛シャンプー(スカルプDなど)を買ってみたり、
市販の育毛剤を付けてみたり、

シャンプーする時やお風呂上がりに、頭皮マッサージしてみたり…。

そのように必死に抵抗をしておりました。

でもまだこの時も、

「自分は無様なハゲにはなるわけがない。」
「この生え際の後退は加齢による自然な後退だ。」

そんな風に思っておりました、
いや、言い聞かせていたのかも知れません。

ところが…。

 

34歳、つむじ(頭頂部)ハゲが顕著になってしまいました

6年前に気になりだしたハゲ、
6年後の現在はこんな感じになっております。

つむじハゲ、雨に濡れて目立つ

ハゲております。

そうなんですハゲてます。

私は今まで前頭部のハゲばかりに気を取られており、
頭頂部(つむじ)がハゲてきているのに、
全く気が付きませんでした。

ちなみに私はこのハゲを、
友達との飲み会での写真で気が付きました。

「自分の頭・・・白い?」

えっ・・・。

「・・・ハゲてる。」

と。

この時はかなりショックでしたね。
頭真っ白になりました。

えっ?何コレ・・・。
えっ?気が付いていなかったのは自分だけ・・・?

・・・。

そうなんです。

6年前の28歳の自分へ・・・あなた、ハゲます。

そういうことなんです。

正直あの頃,28歳の自分は、
自分がハゲるなんて全く思いませんでした。

しかし、

ハゲました・・・。

コメント欄を必死に読み高いお金を出して買った、
育毛シャンプーも育毛剤も、

念入りな頭皮マッサージも、
ハゲの進行を食い止めることは出来ませんでした。

私は自分の親もそんなにハゲていなかったし、
(今はさすがに65歳だからハゲてるけど。)
身内にも…ハゲいないし…。

なので、
髪の毛が抜けてきたとしても、
前髪の生え際が後退してきたとしても、

ハゲることに対して、
深刻に考えていませんでした。

「まさか自分が情けなくハゲるわけないじゃん。」

でもハゲるものはハゲるんですね…。

自分にだけ都合良く行くわけないんです。

あの抜け毛は、
決して気のせいではなかったのです。

 

ハゲは確実に進行します

というわけで、
もし「ハゲてきたかも」と思われているのならば、1つ実体験から言えることは、

そのハゲは確実に進行します。

「抜け毛は気のせいかも。」

…気のせいじゃないんですよね。

自分も悟りました、
あの抜け毛は気のせいじゃなかったと。

育毛シャンプーも育毛剤も、
ハゲ進行を食い止めることは出来ませんでした。

このままハゲ上がってしまうのか・・・。

ハゲとして偏見を受けながら、
女性との恋愛も楽しむことができず、
人にバカにされながら生きていかなくてはならないのか。

自分の想いとは裏腹にさらに抜け落ちていく髪の毛・・・。

漠然とした不安だけが積もりました。

 

思い切ってAGA治療を開始することにしました

ハゲてきてしまったことは事実として受け止め、最善の策を考えた時に、

AGA(男性系脱毛症) のプロに相談できる、無料のカウンセリングを受けてみることにしました。

最初はものすごくドキドキしましたが、今では無料カウンセリングを受けに行って、心から良かったと本当に思っております。

1人でモンモンとしていた自分の悩みをすべて打ち明けることができたし、自分のハゲが今後どうなってしまうのかも、事実として客観的に聞くことができました。

AGA治療のこともプラス面、マイナス面を包み隠さず知れました。
頭皮環境をマイクロスコープでチェックもしてもらいました。

本当によかったです。

そして最後に、

「現在のAGA医療では確実にハゲを改善することができる。あなたのハゲは確実に治ります。」

こう力強く断言してもらいました。

そして現在、
AGA治療に励んでおります。

AGA治療のプロが断言したように、
自然な髪の毛もしっかりと生えてきました。

※現在AGA治療中です。詳細につきましては以下にまとめました。

現在M字ハゲも治療中!こちらもいい感じ!

髪の毛が生えてきた! AGA治療開始前と3ヵ月後 M字ハゲ

>>体験中のAGA治療について詳細はこちら!

 

AGA治療は確実に髪の毛を生やすことができる

現在のAGA医療の世界では、
AGA(男性型脱毛症)によってハゲてしまった頭に髪の毛を生やすことはアタリマエのことと考えられております。

AGAの原因となる脱毛ホルモンに直接作用する薬(医師、薬剤師がいないと提供できない)を使うので、確実に治すことができます。

私も最初は「ハゲた頭から再び髪を生やすことなんてほんと?」と疑心暗鬼だったのですが、本当に実際に髪の毛は生えてきました。

もし以前の私のように、

抜け落ちる髪の毛に心を痛めたり、将来ハゲ上がってしまうのではないかという漠然とした不安を抱えていらっしゃるのだったら、

ぜひ1度AGA(男性系脱毛症)医療のプロの、無料カウンセリングを受けていることを強くオススメします。

私はこのAGA無料カウンセリングを受けたことで、自らのハゲに対して真正面から向き合うことができたし、

1人で漠然と悩んでいたことがスッキリしたのを覚えています。

逆にAGAは強い進行性です、ほおっておいたら確実にハゲは進行します。

もしAGA治療を少しでも考えているのでしたら、無料カウンセリングだけでも受け、話を聞いてもらったり、AGAの知識を入れておくだけでもだいぶ違いますよ。

AGA無料カウンセリングについてはこちらにまとめました。

AGA無料カウンセリングとは…?!

>>AGA無料カウンセリングって何するの?本当にタダで相談診断してくれるの?!

まとめにも書きましたが、どのクリニックも本当にすべて無料で行ってくださいました。

そして、6つのクリニックに行き、現在そのうちの1つ(ヘアメディカル)に通院しておりますが、他のクリニックからその後勧誘などの電話orメールなども一切来ておりません。

もし少しでもAGA治療に興味があったり、薄毛ハゲに心を悩ませているのならば、ぜひ1度AGA専門クリニックの無料カウンセリングに足を運んでみてください。

※実際に無料カウンセリングを経験し、独断と偏見でAGAクリニックランキングをつけました。AGAクリニック選びの参考になりましたら幸いです。

実際に足を運び厳選!AGAクリニックランキング

>>AGAクリニックおすすめランキング!薄毛治療中の私が比較厳選

1度きりの人生、薄毛ハゲで悩んでいる時間は本当にもったいないです。

お互いコンプレックスを治し、自信をもって人生を楽しく生きていきましょう!



本当に髪の毛が生えてきた!AGA治療方法とは?!

AGA治療開始前と3ヵ月後比較写真

>>AGA治療開始3ヵ月で髪が生えてきた!治療内容は?!

色々な育毛剤やシャンプーなどを試しても全く効果が出なかったけれど、AGA治療を始めて3ヵ月、髪の毛が生えてきました!

治療中の私が実際に足を運んで選びました!厳選AGAクリニック

厳選!AGAクリニックおすすめランキング!!

>>厳選!AGAクリニックおすすめランキング!!

AGA治療をしている私が実際に色々なAGAクリニックに足を運びお話を聞いた中で、厳選して選びました!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ