AGA治療中に注意すべきこと

AGA治療中に注意すべきこととは?

AGA治療で注意することは

AGA治療は基本的にとても簡単に受けれるものなのですが、薬(フィナステリド(プロペシア)&ミノキシジル)などを飲むということで、注意すべきことが出てきます。

※AGA治療を実際に受けてみて・・・、治療内容など詳しくはこちら!

AGA治療体験!3か月で髪が生えてきた

AGA治療開始前と3ヵ月後 てっぺんハゲ

>>AGA治療で行ったことなど詳細は・・・

そこで、AGA治療を実際に治療を受けて感じたことや、担当医師から注意されたことなどをまとめてみました。

 

AGA治療中にやってはいけないこと!

AGA治療中に絶対にやってはいけないこと

まずAGA治療中に絶対にやってはいけないこと。

1:献血

AGA治療中の献血は絶対にNGです。

というのも、AGA治療で必ずと言っていいほど使われるフィナステリド(プロペシア錠)。

こちらの成分は女性に対して、特に妊娠している女性の場合、おなかの中にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼすといわれております。(男の子の生殖器に異常をもたらしてしまう。)

そして、もし献血をして、その血が妊娠中の女性に輸血されてしまった場合・・・、恐ろしいですよね。

AGA治療中の献血はNG!

ただ、もしAGA治療を終え、1か月経過した後ならば、再び献血をすることができます。

献血したい気持ちがあったとしても、心を鬼にして、献血は断りましょう。

2:女性にフィナステリド(プロペシア錠)を渡す

女性にフィナステリド:プロペシアは厳禁

これも絶対にNGです。

ダメな理由は献血と同じように、女性にとってフィナステリド(プロペシア)は危険薬品ということなので、薄毛に困っている女性がいたとしても、ご自分が使用しているAGA治療薬を渡すことは絶対に止めましょう。

また、女性がフィナステリドを触ることすらNG。皮膚から成分を吸収してしまう可能性があるからです。

ですので、AGA治療中は治療薬をしっかりと管理することが大切になってきます。

ちなみに、男性と女性の薄毛ハゲのメカニズムは違うものですので、もし知り合いの女性が薄毛で困っている場合は、女性の薄毛の専門クリニックを紹介してあげましょう。

・・・。

以上がAGA治療中に絶対にやってはいけないことです。

でもこれに気をつけておけば、後は特に生命の危険を脅かすような重大なことはありませんので、

「髪を生やす薬を飲むって・・・、しかも毎日飲み続けるって・・・、い、いったいどんな大変な治療なんだ?!」

と、そこまで気を張ることなく、安心して治療を受けることができますよ。笑)

私もかれこれ半年以上治療を続けていますが、特に重大な副作用(体調が悪くなった等)を経験することもなく、順調に治療をすることができております。(*’ω’*)

 

AGA治療中にちょっと心掛けておきたいこと

次に注意することではないのですが、AGA治療中にちょっとだけ心掛けておきたいことをまとめてみました。

1:最低3か月、焦らず治療に取り組む

最低3か月焦らず治療を行う

薬を飲んで、身体の中から髪の毛が生えてくる環境を整えていくということで、やっぱりある程度時間がかかってしまいます。

よく言われているのが、

最低3か月。(しかも個人差アリ。)

しかもいきなりガガッと生えてくるわけでもないので(やっぱり自然な形で生えてきます。)、焦らずコツコツと治療を続けていくことが求められますね。

ただ逆に、いきなり髪の毛が増えるわけではないということで、周りの人たちにAGA治療を受けているということは、まずバレないと思います。(私はいまだに誰にもバレてません♪)

2:初期脱毛に凹まない

AGA治療薬を飲み始めて、大体3週間から1か月ぐらい経った時に訪れるという初期脱毛。

これ、個人差にもよりますが、人によっては結構な量の髪の毛が抜けます!

私もかなり抜けました・・・。

詳しくはこちらにまとめてみました。

>>AGA治療開始約3週間,初期脱毛期間始まる!明らかに薄く…【写真比較】

美容院に行くのも結構恥ずかしかったりしました。

・・・だって、写真を見ていただければわかると思うのですが、本当にごっそり抜けてしまったので。特にてっぺん部分・・・。

髪を切ってもらった後に、床に散らばっている自分の髪の毛を見て、「えっ?!超少なくね?」って思いましたもん。涙)

店員さんにホウキでサササッとあっさりかたずけられた時には、妙に悲しかったなぁ・・・。

でも逆に、初期脱毛が始まったということは、それだけしっかりとAGA治療薬が効いているという証拠!

ここは凹むのではなく、その後の髪の毛の成長具合にワクワクしながら、コツコツとAGA治療を行っていきましょう。(‘ω’)ノ

3:そこまで神経質にならなくて大丈夫!

神経須つにならなくても大丈夫!

AGA治療では、毎日薬を飲んだり、頭皮に薬を付けたりするのが義務となってきますが、そこまで神経質にならなくても大丈夫です!

私の担当医師は、

「AGA治療薬は毎日決まった時間に飲むのが基本ですが、飲み忘れた場合やお酒を飲んでしまった日などは次の日の朝に飲んでいただければ大丈夫です。」

と結構ゆるーい感じに言っています。

ちなみに飲む時間も一応決まっておりますが、何時に飲もうがそこまで効き目に差はないとのこと。

頭皮につける薬(ミノキシジル)も同じです。忘れても全然だいじょうぶですよと。

それよりも神経質になりすぎる方が、返って頭皮に良くないとのこと。(´・ω・`)

あまり深く気にせず、気楽に治療を受けていきましょう!気が付いたら、髪の毛がブアッと生えていることでしょう。^^

・・・。

以上が私がAGA治療をしていて気が付いた&担当医師が言っていた、AGA治療における注意すべきことです。

まったく難しくないですよね。笑)

なのでナマケモノの私も無事続け、髪の毛を生やすことができました♪

あまり神経質にならず、気長にお互い治療を続けていきましょうね!

※もしAGA治療についてより詳しく知りたい場合は、個人的におすすめなのが、色々なAGAクリニックで行っている無料カウンセリングです。

AGAについて知識が深まるだけでなく、ご自身がそもそもAGAかどうかを診断してくれたり、治療に対しても明確になりますよ!

詳しい内容は以下にまとめました。

AGA無料カウンセリングとは?!

>>AGA無料カウンセリングって何するの?本当に無料で相談診断してくれるの?!

何よりカウンセリングを受けて、漠然とした悩みから解放され、ホッとしたのを覚えています。



本当に髪の毛が生えてきた!AGA治療方法とは?!

AGA治療開始前と3ヵ月後比較写真

>>AGA治療開始3ヵ月で髪が生えてきた!治療内容は?!

色々な育毛剤やシャンプーなどを試しても全く効果が出なかったけれど、AGA治療を始めて3ヵ月、髪の毛が生えてきました!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ