AGAとは何?なぜ私たちは薄毛にそしてハゲてしまうのか?

AGAとは何?なぜ私たちは薄毛にそしてハゲてしまうのでしょうか?

いったい何で私たちは髪の毛が薄くなり、そしてハゲてしまうのでしょう・・・。私も見事にハゲてしまいました。

てっぺん・頭頂部ハゲ・30代

30代前半にして、これは辛いです・・・。(隠れてますが、結構前の方まで進行しております。)

実はこれには『AGA』と深い繋がりがありました。

「AGA」最近よく耳にするようになったこの単語。『男性型脱毛症』のことで、日本人薄毛ハゲの90%以上はこのAGAが原因です。

もし円形脱毛症とか、頭皮や身体の病気、抗がん剤の影響など以外でハゲしまった場合、このAGAを疑ってまず間違いないでしょう。

そしてこのAGA、

強い進行性のもので、適切なAGA治療を施さない限り永遠にハゲ続けます。

容赦がないです。私もそうでした・・・涙)。そしてハゲ上がってしまっていらっしゃる方々もみんなそうだったと思います。ゆっくりとですが確実にハゲ続けます。

ただ、逆に適切なAGA治療をすれば、髪の毛を再び生やすことも充分に可能なのです!

現在てっぺんハゲ治療中!いい感じです

AGA治療開始前と3ヵ月後 てっぺんハゲ

>>髪の毛が生えてきました!

現代医学の力は本当に凄いです!

ではそもそも何でこのAGAが起こってしまうのでしょうか?

 

AGAの原因は脱毛ホルモンの影響!

AGAが起こってしまう原因は『脱毛ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)』の影響です。

これは現代医学でハッキリしています。いわゆる男性ハゲの原因は『脱毛ホルモン』。

脱毛ホルモンが髪の毛を作る『毛母細胞』に影響を与え、髪の毛の成長バランス(ヘアサイクル)を崩し、髪の毛が充分に成長できなくなり、結果薄毛ハゲになってしまうという状況が起こります。

すべては「脱毛ホルモン」のしわざです。

では、なぜこの脱毛ホルモンができてしまうのかと言うと、男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という酵素が結びつくことによって発生されてしまいます。

脱毛ホルモンができる原因は…

テストステロン+5αリダクターゼ⇒”脱毛ホルモン(DHT)”

この5αリダクターゼがテストステロンを受容してしまうと脱毛ホルモンが作られてしまい、

1度脱毛ホルモンが作られるようになってしまうと、AGA治療をしない限り、永遠に作られ続けることになります。

なのでゆっくりゆっくりとハゲ続けてしまうということですね 涙)。

薄毛ハゲが始まってしまった方々(私も含め)は、この5αリダクターゼの受容体が敏感だったということです。(鈍感でよかったのに!)

 

脱毛ホルモンの影響を止めない限り、永遠にハゲ続ける

AGA治療をしてしっかりと脱毛ホルモンの生成を止めない限り、永遠にハゲ続けます。

これもハッキリしております。

AGA治療をし、脱毛ホルモンを止めない限りハゲ続ける。

ですので、いくら育毛剤や育毛シャンプーなどで外から治療しようとしても、意味がないのです。

発毛サロンや育毛サロンに通って頭皮マッサージを行ってもハゲ続けるのです。

もちろん多少は効果があるかもしれませんが、結局脱毛ホルモンが発動してしまっているので、そのハゲ進行を食い止めることは出来ません。

いくらお金をかけても、ドブに捨てるようなものです・・・。

私もドブに

頭皮に優しい育毛剤:みかんの果実成分、柑気楼効果がなかったスカルプDシャンプー:オイリータイプ

お金を捨てまくりました・・・。

ただ逆に、しっかりとAGA治療を行えば、ハゲ進行を食い止めることができるだけでなく、再び髪の毛を生やすことが可能なのです。

現代の医学の力ではこの脱毛ホルモンを止めることも髪の毛を生やすことも充分に可能なのです。

本当に凄いです。現代医学の力!(発毛・育毛サロンに医師はいません・・・。)

では、具体的にどのようにこのAGA治療を行っていくのでしょうか?!

私のAGA治療体験を元に書きまとめてみました。

現在M字ハゲも治療中!

髪の毛が生えてきた! AGA治療開始前と3ヵ月後 M字ハゲ

>>AGA治療開始3ヵ月で髪が生えてきた!AGA治療内容は?!



本当に髪の毛が生えてきた!AGA治療方法とは?!

AGA治療開始前と3ヵ月後比較写真

>>AGA治療開始3ヵ月で髪が生えてきた!治療内容は?!

色々な育毛剤やシャンプーなどを試しても全く効果が出なかったけれど、AGA治療を始めて3ヵ月、髪の毛が生えてきました!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ