男性ホルモン:テストステロンとAGA薄毛ハゲの関係性は?!

男性ホルモン:テストステロンとAGA薄毛ハゲの関係性は?!

男性ホルモンが濃いと薄毛ハゲになりやすい?

よく男性ホルモン(テストステロン)が濃いと薄毛ハゲになりやすいと言われているけれども、

実際のところ、男性ホルモンと薄毛ハゲの関係はどうなのでしょうか?

自分自身すごく気になっていたので現在通院しているヘアメディカルの担当医師に聞いてみたところ・・・、

「男性ホルモン、テストステロンは薄毛に影響をもたらすけれど、直接的な原因はテストステロンではなく、DHT(ジヒドロテストステロン)=脱毛ホルモンが最も影響を及ぼしています。」

とのこと。

男性ホルモン:テストステロンではなく、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響だったのですね。

男性の薄毛ハゲ(AGA)は男性ホルモン:テストステロンよりも『DHT:ジヒドロテストステロン』の影響が強い

ちなみに、少ないけれども、テストステロンも髪の毛を作り出す毛母細胞に影響を及ぼしています。

それでもDHTの影響に比べれば、本当に微々たるものですけれども・・・。

 

DHTはテストステロンと酵素5αリダクターゼにより作られる

ただし、男性ホルモン:テストステロンは、この薄毛ハゲに影響を及ぼす『DHT』と深いつながりを持っています。

なんと『DHT』は「テストステロン」と毛乳頭や皮脂腺に存在する酵素「5αリダクターゼ」が結び付くことによって、作られてしまうのです。

テストステロン+酵素5αリダクターゼ=DHTジヒドロテストステロン(脱毛ホルモン)

こうして見ると、テストステロンが直接的に薄毛ハゲに影響を及ぼさないとしても、AGAのきっかけの1つにはなっていますよね。

 

最も重要なのは毛乳頭にある受容体の反応

そして、さらに重要となってくるのが、毛乳頭にある受容体の反応です。

生成されてしまったDHT(脱毛ホルモン)がどのように薄毛ハゲに影響を及ぼすのかというと、毛乳頭にある受容体と結ぶつくことによって、髪の毛の成長を抑制し、髪を細く抜けやすくするのです。

髪が育たなくなる・・・ヘアサイクルの乱れ、薄毛ハゲの始まりです。

ただ、もし毛乳頭にある受容体が鈍感で、DHTに反応を示さなければ、この現象、いわゆるAGA(男性型脱毛症)は起こらす、薄毛ハゲも始まりません。

私の担当医師も、「一番重要なのは、毛乳頭にある受容体の反応、これが反応してしまえば、脱毛が始まってしまう。」と言ってます。

 

J・B・ハミルトンの臨床実験:テストステロンと薄毛ハゲの関係性

J・B・ハミルトンの臨床実験とは

ここで1つのおもしろい(・・・というか恐ろしい?!)実験のご紹介。

男性ホルモン:テストステロンと薄毛ハゲの関係性がわかる1つの臨床実験をJ・B・ハミルトン氏が行っております。

実験内容は以下の通りです。

J・B・ハミルトンの臨床実験;テストステロンの関係性

【仮説】

睾丸(男性ホルモンを作り出す)がない男性は薄毛ハゲにならない。

【実験】

1:薄毛ハゲが進行している男性の睾丸を摘出したら、薄毛の進行が止まった。

2:睾丸を摘出したことで脱毛が止まっていた男性にテストステロンを注射したら、再び薄毛が進行した。

3:もともと薄毛ハゲではない男性の睾丸を摘出し、テストステロンを注射しても薄毛にはならなかった。

睾丸(つまりタマタマ)摘出・・・その後に注射・・・男だったら聞いていて寒気がするような実験内容ですよね。汗)

さて、このハミルトンの実験で、注目したいのが3番。

睾丸を摘出後テストステロンを注射しても、薄毛にはならなかった。

もし、テストステロンが薄毛ハゲに直接的に影響を及ぼすのだったら、テストステロンを注射した段階で薄毛ハゲが始まるはずですよね。

この実験で男性ホルモン:テストステロンの量だけでは薄毛ハゲへの影響があるとは言えないことがわかりました。

 

体毛が濃いと薄毛になりやすいのか?!

ちなみに男性ホルモンつながりで、これもよく話題になる話。

「体毛が濃い、毛深いと薄毛になりやすい?!」

こちらに関しては、まだ医学的にはっきりとした根拠を示すデータがありません。

ただ、あるAGA専門医の方は、「たくさんのAGA患者さんを診てきたが、毛深い人の方が薄毛ハゲに悩む方が多いように思う。」と述べています。

何年後かに研究結果が出て、発表される日が来るのかもしれませんね。

余談ですが・・・、

今通院しているヘアメディカルの血液検査ではテストステロンの量までも調べてくれるのですが、

血液検査の結果:テストステロンの量:AGA治療

テストステロン 7.74  基準値(1.31-8.71)
ジヒドロテストステロン0.25 基準値(0.2-1.0)

私のテストステロンの量は基準値内ですが、その中でも多い値でした。(ジヒドロテストステロンの量はおそらくAGA治療薬の効果で少ない値になっています。)

そして、私は毛深いです。 orz。。。

以上男性ホルモン:テストステロンとAGA薄毛ハゲの関係性のはなしでした。



本当に髪の毛が生えてきた!AGA治療方法とは?!

AGA治療開始前と3ヵ月後比較写真

>>AGA治療開始3ヵ月で髪が生えてきた!治療内容は?!

色々な育毛剤やシャンプーなどを試しても全く効果が出なかったけれど、AGA治療を始めて3ヵ月、髪の毛が生えてきました!

治療中の私が実際に足を運んで選びました!厳選AGAクリニック

厳選!AGAクリニックおすすめランキング!!

>>厳選!AGAクリニックおすすめランキング!!

AGA治療をしている私が実際に色々なAGAクリニックに足を運びお話を聞いた中で、厳選して選びました!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ