枕やタオルについた抜け毛の量が気になるならAGAを疑った方がいい?!

枕やタオルについた抜け毛の量が気になるならAGAを疑った方がいい?!

もし、枕やタオルに毎回こびりついている抜け毛,髪の毛の量が気になり出したのでしたら、AGA(男性系脱毛症)を疑った方がいいかもしれません。

確かに1日100本程度は髪の毛は自然に抜け落ちると言われておりますが、「今までよりも、何か抜け毛が増えてきたな・・・。」と思ったら、それはAGAの始まりだと考えてもいいと思います。

と、言いますのも、実際私がそうでしたので・・・。

私自身は28歳ぐらいの頃から抜け毛が気になり始め、頭を洗った後にタオルにこびりついている抜け毛を見ては、ちょっと不自然にも思っていたのですが、

「季節のせいだなきっと。」
「気のせいだろう。」
「毎日100本ぐらい髪の毛は抜けるって言うし・・・。」

と自分をごまかし続けながらも、生きてきておりました。

・・・が、

34歳となった今、

AGA治療開始前の頭頂部:つむじハゲ

見事にハゲ上がってきてしまいました。

やっぱりあの時、気のせいだと信じ込もうとしていた、枕やタオルにこびりついた抜け毛たちは、気のせいでは全くなく、

ハゲへの兆候だったのです。

髪の毛を洗った後、タオルで頭を拭いた時に、タオルにこびりついている抜け毛たち・・・。

AGA(男性系脱毛症)による抜け毛:タオル

これもすべてAGAの影響です。

もし、あなたが枕やタオルにこびりつく抜け毛の量が、ちょっと多いかなぁーと思ったならば、AGA(男性系脱毛症)を疑った方がいいかもしれません。

 

AGAは強い進行性の脱毛症、止めるにはきちんとした対策が必要

AGA(男性系脱毛症)は強い進行性の脱毛症です。

なぜAGAでハゲてきてしまうのかと言うと、男性ホルモンの影響で入ってしまった「脱毛スイッチ」が、髪の毛が成長するのを防いでしまうために起こってしまいます。

枕やタオルにこびりついていた沢山の抜け毛たちも、この「脱毛スイッチ」のせいで抜け落ちてしまった髪の毛たちでした。

ハゲてきてしまった私は焦り、

ネットのコメント欄で評価の高い、高額な育毛シャンプーや育毛剤を買ってきて、試しては、全く効果を得ることができずに、心を痛めておりました。

今だからわかるのですが男性ホルモンの影響でできてしまった「脱毛スイッチ」、これを止めないことには、どうしようもないのですよね。

外側から育毛シャンプーや育毛剤をいくら使ったところで、大元をしっかりと対策しない限り、どうしようもなかったのです。

※AGAにつきましてより詳しく知りたい方は
AGAってそもそも何?!AGAの基礎知識

 

もし、今も抜け毛で悩んでいるのなら、早めに対策をした方がいい

もし、今も枕やタオルにこびりついた抜け毛を見て、不安に思っているのならば、
早めにその対策をした方が確実にいいです。

AGA(男性系脱毛症)は強い進行性なので、私がそうだったように、確実に進行し、最後はハゲ上がってしまいます。

ただ、逆に、現在の医学では、当たり前のように、AGAは治療可能なものと考えられております。

そして90%以上の方がAGA治療後に髪の毛が増えたことを実感しているという事実もあります。

医学の世界からすれば「要は脱毛スイッチを止めてあげればいいだけのこと」と考えられているので、髪の毛を再び生やすことも、とても単純で簡単なものと考えられておりました。

実際に無料カウンセリングに行って、当たり前のように話されていたのがすごく印象に残っています。

そしてAGA専門のお医者さんから、

あなたのハゲは確実に治ります!

そんな風に力強く断言してもらったのを今でも覚えています。

そして今AGA治療を毎日コツコツと続けております。
実際に本当に髪の毛も生えてきました。

>>現在AGA治療に取り組んでいます【写真付き】

今まで抜け毛におびえていたのに、
今では日々生えてくる髪の毛に毎日が楽しみで仕方ありません。

もし抜け毛に心を痛めていらっしゃるのならば、
AGA治療についても検討してみてはいかがでしょうか。
個人的に強くオススメします。



本当に髪の毛が生えてきた!AGA治療方法とは?!

AGA治療開始前と3ヵ月後比較写真

>>AGA治療開始3ヵ月で髪が生えてきた!治療内容は?!

色々な育毛剤やシャンプーなどを試しても全く効果が出なかったけれど、AGA治療を始めて3ヵ月、髪の毛が生えてきました!

治療中の私が実際に足を運んで選びました!厳選AGAクリニック

厳選!AGAクリニックおすすめランキング!!

>>厳選!AGAクリニックおすすめランキング!!

AGA治療をしている私が実際に色々なAGAクリニックに足を運びお話を聞いた中で、厳選して選びました!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ