髪を染める:ヘアカラーやパーマをするとハゲる?

髪を染める:ヘアカラーやパーマをするとハゲる?

ヘアカラーはハゲる?

髪を染めたり、パーマをしたりするとハゲる?

結論から言いますと、髪を染めたり、パーマをしたりするだけではハゲ(髪が生えてこなくなってしまう)の直接的な原因にはなりません。

というのも、ヘアカラーの薬もパーマの薬も、髪の毛に使うもので、髪の毛を作り出す毛根自体には影響がありません。

髪の毛を作り出す毛母細胞は頭皮の下、かなり深いところに存在しているので、ヘアカラーやパーマ液が直接毛母細胞に影響することはまずないでしょう。

ですので、髪を染めたりパーマをしたりするだけでは俗にいうハゲにはなりません。

ただ、当然のことながら、髪に負担をかけているので、髪が痛み弱くなり、その結果脱毛してしまうということはあります。

またヘアカラー薬が頭皮につき、その刺激が強すぎたために頭皮が炎症を起こし、一時的に脱毛が起こってしまうこともあります。

その場合は、しばらくヘアカラーやパーマを止め、髪の毛や頭皮に無理な刺激を与えるのをさければ、また元気で正常な髪の毛が生えてきます。

そういった意味でも、ヘアカラーやパーマをしたからと言って、ハゲの直接的な原因にはなりません。

男性ハゲ薄毛の直接原因は脱毛ホルモン!

いわゆる男性ハゲ(=AGA)は脱毛ホルモンの影響です。ヘアカラーやパーマは関係ありません。

そして改善するためにはAGA治療が必要となります。

>>詳しくはこちら!

 

ヘアカラーやパーマはなるべく美容院でやる

もしヘアカラーやパーマを楽しみたいのならば、なるべく美容院ですることをオススメします。

1.美容院で扱っている薬の方が高品質で安全

ヘアカラー

もちろん美容院にもよりますが、美容院で扱っているヘアカラーやパーマ薬の方が、そこら辺のスーパーで売っている薬品よりも確実に高品質で安全なものです。

美容師さんに言わせると、巷に出回っているヘアカラー薬は、頭皮への保護を考えて作られていないものばかりだそうです。

美容院ではお客さんと向き合ってヘアカラーやパーマを行うので、当然のことながら、高品質で安全なものを使用しております。

お客さんとの信頼関係もありますし、安価で低品質なヘアカラー薬を使い、もしトラブルになった場合、困るのは美容院ですものね。

 

2.美容師さん:プロの作業により無駄に頭皮に薬がつくのを防ぐ

美容師さんプロ

ヘアカラーを自身で行う場合、必要以上に頭皮にヘアカラー薬がついてしまうことは避けられません。

頭皮に薬がつくということは、それだけ頭皮に余計な負担がかかってしまいます。

ヘアカラー薬の刺激は頭皮にとっては悪い刺激以外の何物でもありません。
強い刺激で頭皮が炎症を起こし、それが引き金となり抜け毛が増えてしまうこともあります。

やはりプロの美容師さんにヘアカラーやパーマをお願いした方が、負担なく、確実に行うことができます。

もしヘアカラーやパーマを楽しみたいのならば、少しお金はかかってしまいますが、美容院で行った方が心置きなく楽しむことができるのでオススメです。

※薄毛,ハゲで悩まれてる男性の90%以上の方がAGA(男性系脱毛症)からなるものです

これは脱毛ホルモンの影響によりハゲが進行してしまうものですので、ヘアカラーやパーマは直接のハゲの原因とはなりません。

そしてAGAは現在の医療ではほぼ確実に改善することができると考えられております
私もAGA治療を始め、髪の毛が生えてきました!

現在てっぺんハゲ治療中!いい感じです

AGA治療開始前と3ヵ月後 てっぺんハゲ

>>髪の毛が生えてきました!

もし私と同じようにハゲ,薄毛で悩まれているのならば、AGA治療を検討してみることをオススメします。

信じられないかもしれませんが、確実に髪の毛は生えてきます。



本当に髪の毛が生えてきた!AGA治療方法とは?!

AGA治療開始前と3ヵ月後比較写真

>>AGA治療開始3ヵ月で髪が生えてきた!治療内容は?!

色々な育毛剤やシャンプーなどを試しても全く効果が出なかったけれど、AGA治療を始めて3ヵ月、髪の毛が生えてきました!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ